パワハラを受けた時にどうするべきか。

パワハラを受けた時にどうするべきか。

ブラック企業。長時間残業、鬱、いじめ、いやがらせ、休職、ハラスメント・・・社会で働いているといろんな問題にぶち当たります。自分だけで解決できる問題ばかりではありません。

私自身、メーカーや事業会社ではなく、クライアントのためのデザイン業務やWEB制作を行っている会社に属していた期間が長いので「クライアントと下請け」といったコミュニケーションにおけるバランスは心得ているのですが、事業会社へ転職した際に起こった出来事が私の人生プランを変えてしまったのです。

私の後に入社してきたAさんは、なんと私の元クライアントの会社にいた人でした。元クライアントと下請けという立場は以前のもので、同じ職場で同じ部署、同じ役職にも関わらず、見下し、情報共有をしないいやがらせ、社内チャットでは揚げ足取りの連発…私はAさんから何か言われる度に
動悸や吐き気、最終的には頭が真っ白になることが増え業務に支障を及ぼし手が震える症状まで出てしまいました。

周りの人からは顔色の悪さを心配されていたけど、 上司に何度か相談しても改善されず。このままだと精神的に駄目になってしまう!という所まで来てしまい、退職するしかなかったのです。
(後から振り返ると、Aさんは下請けだった私と同じポジションが気に食わずマウント取りたかったんだと思います)

まさか、自分がパワハラを受けるなんて。

ハラスメントって受けた人にしかわからない辛さです。

その渦の中にいる時は、もがいてもがいて出口がわからない。
普段の自分と違って冷静に物が考えられないし、どうにか解決策を考えようとすることさえ難しいのです。
誰にも相談できずに自殺してしまうのニュースもありましたが、渦中にいる時ってどうにもできないんです。

家に帰っても何もできなくて、部屋の掃除もできなくなっていって、それでも毎日休まずに仕事に行っていたのですが、ある日お風呂に入ろうと思ったら浴槽にクモの巣が張ってたのを見つけた時

「ああ、もうダメだ」

と張りつめてたものが崩れました。

私ははじめて、職場から逃げました。
(逃げたと言っても無断欠勤とかじゃないですよ)

今まで何度か転職してきたけど、それは次のステップを考えてとか、転職先を見つけてから退職するとか、前向きな退職だったけど、はじめて後先考えずに退職の道を選んだのです。

でも 同じ境遇の人がいたら伝えたい。

「逃げてもいいんだ」って。

1度しかない人生なのに、我慢して我慢して辛い思いしかしないなんて、自分の人生を楽しいと思えないなんて、なんのために生きてるのでしょう。

大の大人なのに親の前で悔し泣きしてしまいました。

本当に辛い時って泣いたっていいし、大人だけど親を頼ってもいいと思います。

精神科の先生によると、泣けるうちは「まだ大丈夫」らしいです。
これが涙さえ出なくなると本当の本当に精神的に引き返すのが困難な状況って聞きました。私はその一歩手前で逃げ出せたんだと今は結果的によかったんだって思うことにしています!

今まで激務の職場ばっかりだったので、実家に戻り数か月、栄養バランスの取れた食事をし、陽が当たる時間に散歩をし、少しづつ自分を取り戻すことができました。ロングバケーションです。

ただ、ひとつ、後悔があるとすれば、
雇用期間中に病院に行かなかったこと。

パワハラって、やっぱり会社はなかなか認めないんですよね。
退職理由が会社都合ではなく自己都合にさせられ
ハローワークに相談したら「診断書を提出すれば調査に値する」って言われて…毎日辛くても頑張って真面目に出勤していたことが不利になるなんて信じられなかった。
こういうの、誰も教えてくれませんもんね。

もうすぐロングバケーションも終わり。
お金がなくなってきたのでそろそろ働かなければ(笑

<パワハラを受けた時にしたほうがいいこと>
・証拠を残しておく
・できるだけ上司に相談しておく(これも証拠)
・病院に行って診断書をもらっておく
・たくさん泣く
・親や友達に頼る、甘える

・自分を責めない
・しばらくゆっくりしたっていいじゃんって思う(これ大事!)

ブラック企業体験談カテゴリの最新記事