私が会社を辞めた理由…5つのブラック企業体験談③

私が会社を辞めた理由…5つのブラック企業体験談③

就職先を探す時に気を付けること。
求人情報に掲載している「職場の雰囲気」に「社員を家族のように大切にする」という言葉。
(あ、これは個人的感想です)

もちろん、世の中には社員を家族同様に大事に思って、何が何でも社員を守ってくれようとする立派な社長さまもいらっしゃると思いますが、社員数がかなりいるのに家族同然に接するというのは、なかなか難しい気もしますよ

ブラック2社目で経験した「同族経営の会社」の教訓もあり、 自分の見る目がなっかたのかもと次は転職エージェントを使って活動することに決めました。
社員500人以上で、CMなどで世間の認知度もあり、世の中の人のためにと健康食品を開発・販売している会社を紹介してもらい、 転職エージェントの担当からこの「家族のような雰囲気」という言葉でプッシュされた時には、「へー、それはいい社長さんだ」と思ったのに、実際のところは…。

・毎朝、社長の作った歌を全社員で歌う
 (かなりポップな曲調♪)
・歌い終わったら拍手で称える
・社員ナンバーが実際の社員数より四分の一
 (あれ?あとの四分の三の人達はどこに行った?)
・社長家のお墓の掃除を社員が行う
・PCが社員数分ない為、毎朝取り合い
 (奪い合いに敗れた社員はその日一日PC が使えない)
・社長の愛人と噂される絶対に表には出てこない謎の人物が学級新聞のような会報誌を手作り
・社長に気に入られないとすぐに謹慎処分
・毎年鬱になって辞めていく新卒の子がいる

あれ???
この雰囲気はなんだ??

前回と同じような怪しい気配が…

副社長に引き留められながらも、早々に会社を後にしたのは言うまでもありません(笑

こうして、また職探しの旅が始まるのです…
(ほんと私見る目ないなぁ…)

<今回の教訓>
「家族のような温かい会社」という言葉には気を付けよう

ブラック企業体験④へ続く・・・

ブラック企業体験談カテゴリの最新記事