食べる順番を変えるだけで、痩せ体質に変わるって本当?

食べる順番を変えるだけで、痩せ体質に変わるって本当?

実は意識していなかった食事時の「食べる順番」。
この食べる順番を変えるだけでダイエットできるってご存じでしたでしょうか?

40歳からは 4人に1人が糖尿病になっていると言われています。糖尿病は一度なってしまうと治療が長く食べたいものも我慢する人生になってしまいます。
いつまでも美味しい食事を楽しく食べるためにも知っておくことが大切です。
今までつい麺類や丼ものばかり食べて健康診断で引っかかっていた方はとくに要チェックです。

糖質ダイエットが流行っている理由

みなさん「糖質ダイエット」という言葉は耳にしたことがありますでしょうか?某スポーツジムがCMをバンバン流していたことで有名になった「アレ」です。

そもそもなぜ「糖質をカットしたほうがよいのか」をご存じの方はどれだけいるでしょうか?まずはその理由からお伝えします。

人間は色々な食物から食べることでエネルギーを貰っています。食物の中には糖質が多く含まれているものもあり、この糖質が消費しきれず体内に残ってしまうことによって中性脂肪になって蓄えられます。
よって「糖質を控えて中性脂肪を作らない体作りをしよう」というのが、ちまたの「糖質ダイエット」なのです。

血糖値をコントロールすることで太りにくくなる

消費しきれずに体内に残ってしまった糖が中性脂肪になる時に分泌されるのが「インスリン」です。
血糖値が高くなると、血糖値を下げようと働いてくれるホルモンです。
食事を始めたときに、いきなり糖質が高い食べ物を吸収するとインスリンの分泌も急激に上がってしまい、インスリンをたくさん働かせる必要が出てしますのです。実は血糖値を下げる働きをするホルモンはインスリンだけなので、できるだけ一定の働きを保つことがとても大切です。

この血糖値を一定にするコントロールをすることが、太りにくくなるコツなのです。

まずは野菜、次にタンパク質

最初に野菜を食べることで、野菜の食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれます。
外食した時もできるだけ最初にサラダをオーダーするようにしましょう。
ただ野菜を食べる時も次の2点には注意です。

・糖分の多いドレッシングは控える
・ジャガイモやカボチャは糖質なのでNG

食物繊維が多いほうがよいのでキノコや海藻の入ったサラダがおすすめです。
できるだけシンプルにオリーブオイルをかけたり、塩を少しふるなどして食べるとよいかもしれません。
サラダでなくても、野菜スープも効果的です。

次に魚や肉、卵や大豆などのタンパク質です。
とくに魚はDHAが接種できるので、努めて食べたい食材ですね。

最後に炭水化物を少しだけ

そして最後に糖質の高い炭水化物を食べましょう。
最近では完全に「糖質カット」ダイエットをしている方もいますが、全く取らないのは逆に悪影響です。

お米などは体内に入ると「ブドウ糖」に変わるのですが、この「ブドウ糖」は人間が活動するためのエネルギー源で、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質でもあるのです。糖質カットしてしまうと脳に影響を及ぼしかねません。
「糖質カット」ではなく「糖質オフ」と覚えておきましょう。

小麦粉には要注意

炭水化物の中でも、血糖値を急激にあげない代表的な食べ物は
人間の体内で血糖値を上昇させるスピード「GI値」で調べてみると次のようです。 (低GIから高GIの順に記載)

・玄米
・パスタ
・白米
・うどん
・パン

とくに小麦を多く使っているパンなどの加工食品は体内で分解されにくく体を冷やす性質があり、栄養の吸収を悪くして代謝が下がりやすくなるそうです。
またグルテンが腸に悪影響を及ぼす事例もあるので、パン好きの方も毎日パンではなく玄米なども食べるようにしたいですね。

健康な生活カテゴリの最新記事