ポッコリお腹をどうにかしたい!取り入れやすい医薬品やサプリメント

ポッコリお腹をどうにかしたい!取り入れやすい医薬品やサプリメント

年齢を重ねると、基礎代謝も落ち筋力も低下するので、どうしてもお腹がぽっこり出てきますよね…。
かくゆう筆者も朝から晩までパソコンに向かう座り仕事なため、姿勢は悪くなるし血流は悪くなるしお腹も出てきて、妊娠していないのにお腹に子供がいるんじゃないかと思うほどお腹が出ていたこともありました。

「これではヤバい!」と思うけど、運動は苦手だし時間も取れない…。運動してないから便秘気味になる…という悪循環。

そこでぽっこりお腹の嬉しい味方のおすすめサプリメントをご紹介します。
(※あくまで筆者が効果を感じたものなので、個人の感想になります)

ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル(大正製薬)

お腹が詰まってなんだか苦しい…重たい…ハリがある…。
ただここで下剤を服用してしまうと下剤がないと便が出にくい体質になってしまうので、やはり利用したいのは自然由来のお腹に優しいもの。
乳酸菌で有名なビオフェルミンから発売された「ぽっこり整腸チュアブル」は飲む時に水いらずで噛んで食べる手軽さが嬉しい医薬品です。

乳酸は腸内の他の微生物に利用され、腸内の有害菌を減らして腸の調子を整える効果があり血圧降下作用、血清コレステロール低下作用などの健康効果のあるようです。

引きこもりでほとんど体を動かすことがなかった時期に、あまりにもお腹が苦しくなって便秘になりトイレに籠る時間がとても増えたのですが、このチュアブルに助けられました。

【効能】腹部膨満感、整腸、便秘、軟便

【用法・用量】15歳以上は1日1錠を1日3回、噛むか口の中で溶かして服用。間隔は4時間以上おくこと。

【ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル】

フォースコリーソフトカプセル(DHC)

筆者が毎日お世話になっているコレウスフォルスコリ含有のサプリメントです。かなり「なくてはならない」サプリメントになっています。先発の「フォースコリー」は私の体質には少し強すぎてお腹を下すことが多かったので、こちらのソフトカプセルに変えたところ、毎日朝スッキリ!1日1~2粒ということですが毎朝1粒で十分な気もします。

コレウスフォルスコリはシソ科の植物なので、食物繊維が腸をやさしく刺激し便通を促進し、交感神経に働きかけ脂肪細胞の燃焼を高める効果もあるようです。

しばらく服用していない日が続くと、また便秘な日々になってしまうので手放せません。私の体質には合っているのだと思います。

【用法・用量】1日1~2粒、水またはぬるま湯で服用

【フォースコリー ソフトカプセル】

ラクテクト(SUNTORY)

こちらも乳酸菌を主成分としたサプリメントで「溜め込まない」ことを目的としています。「調子を崩しがち…」「なんとなく溜まりがち…」「なんだかすぐれない…」といった不調を和らげてくれます。
抗酸化作用、アポトーシス誘導による抗ガン作用、抗菌作用、皮膚創傷修復作用、胃粘膜保護作用、胃潰瘍治癒促進作用、血中コレステロール低下作用などがある「フコイダン」も含有しているので、40代50代の方に人気があるようです。

市販で手軽に摂取できるのがいいですよね。

【用法・用量】1日3粒程度

【ラクテクト】

マグミット錠(協和化学)

どうしても、どうしても便秘が治らない時には下剤に頼ることもしょうがないと思います。とくに偏った食事などが続いたり、水分不足が続いた時には補助アイテムとして使用していました。

このお薬は便の水分バランスなどを改善させ排便を促す効果があります。
ただ、人によっては服用できない場合があるので注意が必要です。

【効能】便秘症の改善、神経性食思不振の症状の改善、慢性胃炎の症状の改善、胃炎の症状の改善、胃潰瘍の症状の改善、胃下垂症の症状の改善、胃酸過多症の症状の改善、十二指腸潰瘍の症状の改善など

【用法・用量 】緩下剤として使用する場合:酸化マグネシウムとして、1日2gを食前又は食後の3回に分割経口投与するか、又は就寝前に1回投与

【注意】高マグネシウム血症、心機能障害、腎障害をお持ちの方は慎重投与

※こちらは処方箋です

本来は、あまりお薬やサプリメントに頼らないほうがよいとは思うのですが、悩みが解消されるのであれば上手に取り入れてハッピーな生活を送りたいですね。

ダイエットカテゴリの最新記事